本文へ移動

品質管理

品質管理方針

「お客様目線でのモノづくりの徹底」「信頼・安心(対価)に対する価値を忘れない」


品質維持行動指針
 当社ではすべての作業(営業~製造~納品)にリスクがあると考えています。
 【一つ一つの作業】【存在するヒューマンエラー】【問題流出危険角度】【流出問題】【管理目標】を可視化し、
 各工程での安全作業の徹底、品質の維持と向上に努めております。

 ・作業内に存在するヒューマンエラーと危険角度の可視化
 ・工場設備の整備と保安
 ・適用される法令規則と会社のルールを守る
 ・社員間、部署間のコミュニケーションの促進と情報の共有化
 ・指差呼称の徹底
 ・RA、TBM、KYMの徹底
 ・トリプルチェック体制による品質維持、向上を目指す

トリプルチェック体制について
 製造部【製品組立チェック】
 ・ボルト類トルク管理
 ・ボルト類アイマークチェック
 ・ユニット単体動作チェック
 ・異常音有無、アタリ有無チェック

 品質管理部【組立後完成製品チェック】
 ・ボルト類アイマークチェック(記入漏れありの場合、製造部へ戻し)
 ・各部外観チェック(キズ、汚れ確認。ある場合はタッチアップ、拭き取り)
 ・各部動作チェック(エラーモード、アシストモード、モータ回転、固定ピンレバー他)
 ・異常音、アタリ有無チェック(ある場合は製造部立ち合い修正・改善)
 ・台車連結確認(旋回操作時のアタリ確認)
 ・仕様内容確認(オプション/カスタマイズ お客様希望通りか確認)
  ※完成製品チェック段階で異常が判明した場合、製造部へ戻し修正後、再チェックを行っています。
   品質管理部は異常有無を判断する部署であり、修正する部署ではありません。
   異常を共有の情報とするために、「判断する」「修正する」を分けた体制としています。

 営業部【出荷前検査(最終検査)】
 ・各部動作チェック(ON/OFF、原点調整モード、レバー関連)
 ・外観検査(汚れ、キズ)
 ・仕様内容確認(オプション/カスタマイズ お客様希望通りか確認)
 ・付属品チェック(バッテリー充電、スリープモード可能か確認)
  ※営業各担当者にて出荷前最終チェックを行っております。
   ダブルチェックを終えた状態に対し信頼(思い込み)とならないよう、
   最終段階(お客様の目線)で検査することを徹底させています。
(株)山一精工 本社工場
(株)山一精工 第二工場
株式会社 山一精工 本社工場
長野県須坂市野辺1891-2
TEL:026-245-6402
FAX:026-245-6499

株式会社 山一精工 第二工場
長野県須坂市亀倉73-3
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
6
3
1
4
8
TOPへ戻る